浮気調査における探偵事務所と弁護士事務所の違いと役割

浮気調査の基礎知識

パートナーが浮気をしていると感じたら、まずは真実を確かめなくてはいけません。

そこで頼りになるのが探偵事務所です。

浮気の事実を確認するための調査を依頼し、確実な証拠をつかんでもらいます。

確かな事実と確認できたら、次は解決に向けて弁護士事務所の力が必要になります。

ここでは探偵事務所と弁護士事務所、それぞれの役割と依頼のタイミングについてご紹介していきます。

浮気問題解決に関して探偵と弁護士でできる事の違い

パートナーに浮気の気配を感じたら、最初に事実の確認をしなければなりません。

浮気をしている証拠となるものを収集するには、浮気調査を専門とする探偵事務所に依頼し、法的に通用する証拠を用意してもらいます。

合法的な証拠をつかむことができたら、次に浮気問題の解決に向けて「法的手段も辞さない」という強い決意のもとでパートナーと交渉しなければなりません。

しかし、実際に直接交渉をすると「浮気の事実はない」と主張され離婚や慰謝料の請求が進まない事が多々あります。

そこで弁護士を代理人として立てて、自分の代わりにパートナーと交渉をしてもらいます。

浮気調査の専門家である探偵事務所が証拠を集め、その証拠をもとに依頼者の意に添って解決してくれるのが弁護士事務所の役割と言うことになります。

探偵と弁護士の資格の違い

 探偵事務所を開業するためには、一定の要件を満たした資格者が公安委員会に申請を出して認可される必要があります。

探偵事務所は「探偵業の業務の適正化に関する法律」、通称「探偵業法」の定めを遵守することが義務付けられています。

その探偵業法のなかで重要なのは、依頼者や調査で知りえた情報に関する「秘密保持の義務」、契約時の「書面交付義務、重要事項の説明義務」の2点です。

探偵事務所と依頼者の間でトラブルが起きないよう、法律の定めによって義務を負っているのが探偵事務所です。

弁護士事務所を開業するには国家資格である弁護士の資格を持っていなければなりません。国が定めた司法試験に合格し、司法修習生を経て弁護士の資格を取得できます。

浮気問題の解決に当たっては、探偵事務所が掴んだ調査結果をもとに、依頼者の代理人を務めるのが弁護士事務所の役割です。

探偵と弁護士の調査力の違い

探偵事務所は調査の専門家、弁護士事務所は紛争解決の専門家です。

一般的に浮気調査は探偵事務所が行います。

浮気の事実を確かめるために、調査対象者を尾行し、浮気現場で張り込みをしながら証拠を収集します。

GPSを使って調査対象者の位置情報を確認、夜間対応の暗視カメラを使用して撮影、さらには写真以外の証拠として動画を撮影するなどして、裁判で浮気の事実があったと認められる証拠を掴みます。

一般的に紛争の解決は弁護士事務所が行います。

事実となる証拠をもとに、依頼者の代理人として、パートナーや浮気相手との問題解決に当たります。

依頼者の代理人として当事者間の話し合いに臨み、当方の主張が認められなければ法廷で決することもあります。

弁護士は弁護士法23条の「弁護士照会」を用いて、浮気相手の現住所を確かめるために住民票を取得したり、パートナーや浮気相手に金銭補償を求めるために金融機関等に口座残高の開示を求めることができます。

紛争の多くは謝罪と金銭補償となるため、当事者間の意見が合致するとは限りません。

パートナーや浮気相手に対する慰謝料請求や損害賠償請求、またパートナーとの離婚に向けた財産分与など多岐に渡る問題の解決ができるのは、国家資格を持つ弁護士だけです。

探偵と弁護士の代理権の違い

調査によってパートナーの浮気の事実が明らかになると、その解決手段の1つとして代理権を持つ弁護士に委任して、問題を解決してもらうことができます。

弁護士が「本人に代わる代理人となって法律行為を行うこと」を代理権と称しますが、交渉のたびに本人の意思を尊重し紛争を解決していく「任意代理」が正式な呼称といえます。

つまり弁護士の持つ代理権とは、依頼者である本人の意向で最終決定が行えるものなのです。

一方で探偵事務所は、本人に代わって法律行為を行うことはできません。

探偵業法では代理権による法律行為は認められていないので、あくまでも調査と証拠を添付した結果を報告することに限定されます。

【結論】浮気の証拠は探偵事務所で法律問題は弁護士事務所

探偵事務所に浮気調査を依頼すると、裁判所に提出できる合法的な証拠をつかんでくれます。

裁判では合法的な証拠、すなわち非合法でない調査が必要です。

非合法な証拠とは、隠しカメラを設置して浮気のときの室内の様子を撮影したり、パートナーのスマホを断りなく開いて浮気に関する情報を得たり、

本人が勝手に浮気現場となっている室内に乗り込んだりする等、これらはすべては犯罪によって得た情報となるので証拠として採用されることはありません。

不正を犯して集めた証拠は、たとえ事実であっても採用されることはありません。

正しい調査手法でも確実に浮気の事実を証明できる報告書を作成するのが、浮気調査のプロである探偵事務所の仕事です。

一方で弁護士事務所は、依頼人から委任を受けて法的な立場で浮気をしたパートナーや浮気相手との交渉を担当します。

話し合いで解決できない場合には、依頼人の意思によって民事訴訟で解決を求めていきます。

特に浮気が原因で訴訟に発展するときは、「慰謝料請求事件」として扱われることが多いことから、同種案件を数多く担当している弁護士と裁判官であれば、進め方を理解しているのでスムーズな審理が期待でき増す。

離婚・慰謝料請求を考えるなら弁護士が運営する探偵事務所が良い

浮気の事実が確認できる調査報告書があれば、訴訟によってパートナーには慰謝料と財産分与の請求をし、浮気相手にも慰謝料請求をすることができます。

問題は浮気問題に精通している弁護士が分からないことです。

一般人の多くは、日常生活において弁護士を必要とする機会を持つことは少なく、さらに「浮気案件に強い弁護士」となると見定めることが難しいかもしれません。

依頼する前から「浮気が確定したら訴訟で解決する」と考えているのであれば、弁護士が別会社で運営している探偵事務所を選ぶと良いでしょう。

弁護士が探偵事務所を設立した場合は、弁護士事務所と別組織として探偵事務所を運営します。

その場合は代表者がどちらも同じ、もしくはオーナーが同じになっていることが多いです。

探偵事務所で依頼を受けた時点で最終目的は法的解決ですから、浮気の結果が確認できたらすぐに訴訟に踏み切れるよう調査・訴訟と一連の流れで準備をしてくれます。

弁護士が運営する探偵事務所を利用すれば、証拠集め~訴訟までの流れをスムーズに進める事ができるのでおすすめです。

弁護士が運営するおすすめの探偵事務所2社

弁護士が運営しているおすすめの探偵社事務所、「ALG探偵社」と「響・Agent(エージェント)」の2社をご紹介します。

ALG探偵社

出典:ALG探偵社

即日調査 無料相談 調査可能地域
原則、関東エリア
(一部関東在住以外の契約可能)
電話受付時間 調査料金目安 営業所数
24時間対応 1時間6,000円/調査員1名あたり
(※料金は税抜)
4拠点

『弁護士法人ALG&Associates』のグループ内企業として、ALG探偵社があります。

弁護士法人が運営していることで、しっかりとした契約を結ぶことができるため、調査結果によって法的解決ができない、精算額でトラブルになる等の心配がありません。

また「パートナーの浮気」というセンシティブな内容から、問い合わせのときに「自分の名前を言いたくない」というケースにも対応してくれます。

当初の相談は匿名で受けてくれるので、直接面談せずにメールやLINEで対応が可能。

しかも何度でも無料で24時間対応してくれるので、1人で悩まず気軽に連絡してみることから始めると良いかもしれません。

1時間あたり6000円と、相場価格と比べても非常に良心的な料金設定となっています。

\無料相談受付中/

ALG探偵社公式サイトはコチラ

匿名OK!

響・Agent


出典:響・Agent

即日調査 無料相談 調査可能地域
全国
電話受付時間 調査料金目安 営業所数
24時間対応 調査時間15時間まで1日あたり6,000円~/調査員1名
調査時間16時間以降1日あたり3,000円~/調査員1名
(※料金は税抜)
3拠点

『弁護士法人・響』が運営している探偵事務所が響・Agent(エージェント)です。

響・Agentは、東京・大阪・福岡に拠点を置いて全国を調査範囲としています。

調査実績は月間100件以上、調査成功率は脅威の95%以上と高い実績を誇る探偵事務所です。

調査結果は裁判で使用できるように、弁護士法人・響の代表弁護士である西川研一弁護士が自ら監修した調査報告フォーマットを使って報告書を作成し、依頼者へお渡ししています。

24時間対応の無料通話相談を受けていますし、調査は年中無休なのでいつでも対応できます。

探偵事務所から弁護士法人へと「ワンストップ・サポート」に力を入れている探偵事務所です。

\無料相談受付中/

響・Agent公式サイトはコチラ

匿名OK!

この記事のまとめ

探偵事務所は依頼された調査を行い、事実であることの証拠をつけて結果を報告します。

この証拠は合法的な調査によって集めたもので、損害賠償請求や慰謝料請求などの民事裁判では証拠として提出できる内容です。

ただ依頼人の代理人として裁判に臨むのは、国家資格を有している弁護士の仕事です。

弁護士は依頼人に代わって法的な解決をしてくれますが、そこで重要なのは探偵事務所が集めた証拠です。

調査内容の結果によっては法的措置も辞さないという覚悟があれば、探偵事務所と弁護士事務所が連携している、弁護士事務所が運営する探偵事務所に依頼するとスムーズに結果を求めることができます。

弁護士事務所が運営する探偵事務所に調査を依頼することで、迷うことなく調査から裁判までをワンストップで進めることができます。

タイトルとURLをコピーしました